HAPPY ISLAND


◆訪問日時:平成28年1月21日

1.企業概要

企業名:有限会社 HAPPY ISLAND
設立 :1975年
資本金:
代表者:福島健司
企業HP:http://happyisland.jp

2.事業概要

1975年に創業した同社は、食事を提供する為だけの飲食店ではなく、お客様に心から満足いただくことを目指している。そのため、商品づくりやおもてなしには日々改善と努力を繰り返しており、進化をし続けているそうだ。地域の皆様に喜んでいただけることを最も大切にし、店舗ごとに味わいを変えるなど工夫を施している。

地産地消にも力をいれており、同社店舗が地産地消推進店に認証されている。また、2012年4月には、チルド商品である「チーズインハンバーグ」、「上州牛ハンバーグ(デミグラスソース付)が群馬県優良県産品推奨に認定された。

その他、チェーン店との差別化を図るためにソース等を手作りにしている。

3.マーケティングの取り組み

やまうの漬物を使ったアレンジレシピの考案し、レシピ紹介をおこなっている。おかずシリーズの販売を行い、おかずの一品となるような商品を提案してきた。地方限定でその地方の特産物を使用した漬物を開発するなど地域にあわせた開発も行っている。2015年にはお漬物グランプリ準グランプリ受賞し、日本の食産業に大きく貢献した。

4.組織・人材について

社員は11名(男:9名 女:2名)いらっしゃるとのことだった。主に30代男性が活躍しているそうで、あいさつができ、明るい人を採用したいとおっしゃっていた。

人と関わる事が好きな人や、様々なことに挑戦し取り組んで継続させる事ができる人であれば、会社をよりよくしていけるのではないかと思う。

5.学生から見た企業の魅力

入社時には特に資格の有無は問わず、入社してから資格取得を目指す事ができるそうだ。チェーンであるものの、地域密着型であり、地域に根付いた経営をしているところも魅力である。

県内の専門学校とも積極的に取り組みを行い、メニューを開発するなど学びの場や経験の場を提供しながら会社としても学びとなる機会を設けていることに魅力を感じた。

6.インタビューを終えての感想

時間は短かったですが、とても有意義な企業訪問でした。社長の奥さんが女性も活躍できる環境をもっと広げたいとおっしゃっていたのが印象的でした。