株式会社 チャーム


◆訪問日時:12月20日

1.企業概要

企業名:株式会社 チャーム
設立 :1979年02月
資本金:1000万円
代表者:荒居宏明
企業HP:www.charm.co.jp/shop/

2.事業概要

熱帯魚、海水魚、水生植物、昆虫、爬虫類、両生類といった生物から、犬用品、猫用品、小動物用品、日用品、ガーデニングといったインテリア雑貨の店頭及び通信販売を行っている。ペットといって思い浮かべるような犬や猫だけではなく珍しい生き物も取り扱いがあるため、こだわりをもった愛好家の方からの利用も多いそうだ。もちろん初心者の方にも応えることができるように日々研究している。主に通信販売が多く、大手通信販売サイト楽天市場で「ペットフード・ペット用品ジャンル大賞」を7年連続で受賞した。2014年には総合でも5位を獲得し、いまとても勢いのある会社の1つといえる。

3.マーケティングの取り組み

ペット用品を一緒に取り扱う事によって「ついで買い」ができることも魅力の1つである。取り扱っている商品が5万点と品揃えも多いため、欲しいものを探すと何かしら見つかるということが通信販売でも成功している理由の1つではないだろうか。

また、少しでも早くお客様に届ける事ができるよう、商品によってその場に合わせた臨機応変な対応を行っているそうだ。ある程度はマニュアル化しているが、そう言った部分に臨機応変に対応することが顧客獲得の秘訣である。

4.組織・人材について

良いとされる意見は年齢に関わらず取り入れられる同社。完全実力主義ではあるが、昇給も随時行っているなど、頑張ったら頑張った分だけすぐに結果が反映されるそうだ。そんな中でも育休取得率は90%を超えるなど、女性が働きやすい環境と言える。

総合職の採用でも各部門の業務を一通り体験してから適正や希望を考慮し配属されるため、自分に合った仕事ができる。資格取得支援制度もあることから常に学び続けられる環境だ。早い段階から責任の伴う仕事をまかされる事も多いため、自ら成長していこうという向上心と粘り強さが重要だと言える。

5.学生から見た企業の魅力

若いうちから責任のある仕事を任せる事から「自分が売り上げなければ会社は大きくならない」という気持ちをもつ社員も多く、14年間で98億円の売り上げを達成しているそうだ。そういった環境に身をおくことによって自己の成長に繋がり、仕事をしていく上で学び続けることができそうだ。

また、企業説明をしてくださった社員の方は、「この仕事が好きだから、毎日が楽しい」とおっしゃっていた。好きなことを仕事にできる環境で働いているその方はとても活き活きしており、その気持ちこそが会社の成長スピードにつながっているのだと思う。

6.インタビューを終えての感想

私が想像していた会社とはイメージが全く違ったものでした。珍しい生き物、植物を多く扱っておりそれなりの専門知識が必要だと思っていました。しかしそんなことはなく専門知識も徐々に身に着けていくことができチャーム会社さんは本当にやる気のある人を求めていました。お客さんの9割がネットで仕事をしており、様々な要望、クレームなどにも対応しておりました。残り1割のお客さんは地元のお客さんが多く、水槽のクリーニング、飼う時のアドバイス、などの対応をしていました。全国のお客さんのニーズに応えるのはとても太淵とおしゃっていました。しかしその大変な時こそ仕事のやりがいや楽しさがあると思いました。私がお話を聞いていて一番印象に残ったことは、生き物の命の大切さです。スタッフさんがちゃんと飼育していても生き物は死んでしまうもの。魚、動物、植物、生きているものはみな平等な命とおっしゃっていました。私はその言葉にとても感動を覚えました。優先順位はなく生き物そのものをとても大切にしていました。改めて生き物の命の大切さを感じることができました。就職して働くという私の中での固いイメージは大きく変わって仕事が楽しそうだと感じました。

2年生のこの時期に企業見学にいけて将来のことを考える機会が増えました。ありがとうございました。